macOS Sierra:Siriを起動するキーボードショートカットを変更する方法

Siri for Mac

macOS Sierra」以降、MacでもSiriが利用できるようになった。

「Macに話しかけるぐらいなら打った方が早い」と思う人もいるかもしれないが、別の作業をしながら天気情報を引っ張り出すことができるので、使ってみると意外と便利なのだ。

Tomorrows Weather

デフォルトのキーボードショーットカットは「alt/option + スペースキーの長押し」となっているが、これを変更したいという人もいると思うので、本記事ではSiriを起動するキーボードショートカットを変更する方法を解説する!

「システム環境設定 > Siri」の「ショートカット」から

まずは、AppleのメニューバーまたはSpotlightから「システム環境設定」を開き、Siriをクリック。
Mac Settings for Siri 01

すると「ショートカット」という項目があるので、その横にあるメニューをクリック。
Mac Settings for Siri 04

Commandキーとスペースバーを押したままにする」「Optionキーとスペースバーを押したままにする」「Fn(ファンクション)キーとスペースバーを押す」という3種類の選択肢の他、「カスタマイズ」をクリックするとこれら以外のキーボードショートカットを設定することができる。
Siri Keyboard Settings

ちなみに僕はデフォルトの「Optionキーとスペースバーを押したままにする」のままで使用中。

「Macに話しかけるなんてダサい」なんて言わずに、騙されたと思って自宅でこっそり試してみるべし!まさに同じ道を取ってきた僕が時折使っているので、きっと「意外と便利かも」と思ってもらえる人が増えることに期待!

もっと読むmacOS Sierraまとめ