macOS Sierra:Siriをメニューバーから非表示にする方法

Siri for Mac

macOS Sierra」から追加されたSiriは活用方法によっては便利だが、何もメニューバーに常時表示されている必要はない。特に、僕の場合は15インチ型「MacBook Pro 2016」を使っているため、必要とあれば「Touch Bar」から起動することもできる。

もちろん、キーボードショートカットを覚えておけばより手間なく起動することができる。

本記事ではSiriをメニューバーから非表示にする方法を解説する!

「メニューバーにSiriを表示」のチェックを外す

まずは、AppleのメニューバーまたはSpotlightから「システム環境設定」を開き、Siriをクリック。
Mac Settings for Siri 01

画面下部に「メニューバーにSiriを表示」という項目があるので、これのチェックを外す。
Mac Settings for Siri 02

以上で作業は完了!無事、メニューバーからSiriのアイコンが表示されなくなったのではないだろうか。

Siriを起動したい場合、キーボードショートカットの他、「Touch Bar」や「Spotlight」から呼び出すことができる。このことから、あえてスペースが限られているメニューバーに常駐させる必要はない。

なお、限られたメニューバーのスペースを有効活用したいという人は「Bartender 3」の導入も検討してみてもいいかもしれない。

もっと読むmacOS Sierraまとめ