iPhoneを初期化または買い替えた後、Apple Watchでロック解除が無効化されている時の対処法

iCloudアカウント(Apple ID)のパスワード、操作しているMacのログインパスワード、初期化したiPhoneのパスコードが必要

Unlock mac with Apple Watch 01

「Touch ID」があっても、電源ボタンに指を伸ばして置くことさえも面倒に感じる僕は、Apple WatchでMacのログインできる機能を愛用している。外付けのキーボードを「タッターン!」と叩き待っていると画面が点灯し、ログインした状態になる。

先日、いつもどおりApple Watchで勝手にログインしてくれることを期待したら、動作せず。思い当たるのはmacOSをアップデートしたことだが、それよりも怪しいのはiPhoneを初期化したり、環境を移行したりしていたこと。

本記事ではiPhoneを初期化または買い替え後、Apple Watchでロック解除が無効化されている時の対処法を紹介する。

システム環境設定の「iCloud」に通知が表示

何度やってもApple Watchがロックを解除してくれないので、「システム環境設定」を開き、「セキュリティとプライバシー」をクリック。
Apple Watch Unlock Fails after update 10 2

「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」のチェックが外されていた。なぜだろう。
Apple Watch Unlock Fails after update 01

チェックを入れようとしたところ、「Apple WatchでこのMacのロック解除できるようにするには、iCloudの設定を完了してください」というメッセージが出現。「Apple WatchでこのMacのロック解除できるようにするには、”iCloud環境設定”に移動してiCloudの設定を完了する必要があります」と書かれている。
Apple Watch Unlock Fails after update 02

再度「システム環境設定」を開いてみると、たしかに「iCloud」の項目に通知が表示されていた。
Apple Watch Unlock Fails after update 10

開くと、「Apple ID設定をアップデート」と書かれ、「再度サインインするまで、一部のアカウントサービスは利用できません」と書かれている。これだ!
Apple Watch Unlock Fails after update 03 2

iCloudでApple ID設定をアップデートする方法

「続ける」をクリックし、「Apple ID」の設定をアップデートする。
Apple Watch Unlock Fails after update 04 2

まずは、iCloudのパスワードを入力する。
Apple Watch Unlock Fails after update 05 2 2

続いてMacのパスワードを入力する。
Apple Watch Unlock Fails after update 06 2

最後に、iPhoneのロック解除に使用するパスコードを入力する。これは、恐らく古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを直接移行する転送機能を試している時に初期化して設定したiPhoneのことを意味していると思われ、今回Apple WatchでMacのロック解除ができなくなった理由ではないかと思われる。
Apple Watch Unlock Fails after update 07 2

完了すると、「iCloud Drive」の設定が元通りになっている。
Apple Watch Unlock Fails after update 08 2

また、「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」も無事チェックが入れられるようになり、再度有効化できるようになった。
Apple Watch Unlock Fails after update 09

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索