ダイソンから「空気清浄ヘッドホン」が登場。ちょっと欲しい……

6年の歳月をかけ、試作機は500以上制作。デザインは乗馬用サドルからインスパイア

Dyson Zone Air Purifier ANC Headphones 06

ダイソンは3月30日、初のウェアラブルデバイスである「Dyson Zoneノイズキャンセリング機能付き空気清浄ヘッドホン」を発表した。Dyson Demo、Dyson.com、その他店舗およびオンラインで、2022年秋より一部地域で販売を開始予定。日本での展開有無および時期は、現時点では未定となっている。

Dyson Zoneは、ダイソン初のウェアラブル空気清浄ヘッドホン。ハウスダスト、粒子状物質、有害なガスなどの空気中の汚染物質の除去、騒音を遮断する高度なノイズキャンセリング機能と高品質な音響システムが特徴だ。

「世界の10人に9人が基準値を超える汚れた空気を取り込んでいる」

Dyson Zone Air Purifier ANC Headphones 08

開発には6年の歳月をかけ、試作機は500以上制作。デザインは、乗馬のサドルの形状からインスピレーションを得ているという。

WHOの調査によると、世界の10人に9人が、WHOガイドラインの基準値を超える汚れた空気を取り込んでいると推計。Dyson Zoneは高性能フィルターと2つの小型エアポンプを使用し、移動中に吸い込む空気を浄化することで、顔に触れることなく浄化されたよりきれいな空気を送り届けるそうだ。

Dyson Zone Air Purifier ANC Headphones 04

ダイソンが約30年にわたり培った気流制御、空気の浄化、モーター技術の専門知識と、屋内だけではなく、屋外の空気の質に関する深い理解に基づいて開発。静電フィルターがハウスダスト、花粉、細菌など、PM 0.1レベルの粒子を99%捕捉し、活性炭フィルターがNO2(二酸化窒素)、SO2(二酸化硫黄)、オゾンなど都市部のガスを捕捉する仕組みだ。

ノイズキャンセリング機能にもこだわりを見せており、「アイソレーションモード」、「会話モード」、「トランスペアレンシーモード」の3種類のANC(アクティブノイズキャンセリング)が利用できる。

非接触型シールドは、着脱可能。ヘッドホンのみとして使用できる。空気清浄、オーディオ再生、ANCの3つを同時に使用する場合は、非接触型シールドが装着が必要だ。

関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:623504)

    ちゃんとしたマスク状にしてほしいなぁ
    なんかカッコ悪い

「ヘッドホン」新着記事
トレンド検索