イーロン、Twitterの有料化に言及。「個人アカはしないけど…」

「商業用または政府関係者用は若干の料金を課す可能性がある」

Twitter and money

Twitterの買収に正式合意したイーロン・マスク氏が5月3日、Twitterの有料化に言及した。買収の発表時にマスク氏が「月額2ドルの課金」を提案しているとするツイートが拡散し、「Twitter有料化」がトレンド入り。今後の運営に注目が集まっている。

マスク氏は、「カジュアルユーザー向けには常に無料であるが、商業用または政府関係者用は若干の料金を課す可能性がある」と説明。通常のユーザーは有料化する心配はなさそうだが、有料化に該当するユーザーからは反発を受ける恐れがある。具体的な基準は明確にしていない。

Twitterの収益モデルにテコ入れ、Twitter Blue強化の噂も

マスク氏は、Twitterには言論の自由を強く求めているが、同時にサービスとして収益モデルの見直しも検討している。現在は広告収入が9割とされているが、今後は月額2.99ドルで利用できる「Twitter Blue」を強化する可能性が高い。

Twitter Blueは現在は米国のみで提供されており、日本では未展開の有料サービスだ。投稿の投稿取り消し、認証済みNFT画像のプロフィール設定、カテゴリ別ブックマークなどが利用できる。

言論の自由を目指すプラットフォームを完全有料化するとは考えづらい。ただし有料化の適用範囲が「商業用または政府関係者用」以外に拡大する可能性はある。マスク氏の動向には引き続き注目が必要だ。

イーロン・マスク×Twitter

6本の記事を表示する
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:625522)

    サイトの更新とかもツイートするgoRiさんのアカウントみたいなのも商業用になるのかな?
    芸能人の方のとかだと個人アカウントでも仕事のことツイートするだろうから一括で商業用?

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索