AirPowerマットの代わりになる「NOMAD Base Station Apple Watch Edition」が日本上陸へ

洗練されたデザインと機能性が魅力、iPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電可能

Nomad Base Station

iPhone、Apple WatchAirPodsを同時に充電できるはずだった「AirPower」マット登場の夢は砕かれてしまったが、これなら代わりに使ってもいいかもしれない。

NOMADから登場した、Apple Watchチャージャーを搭載し、MFi認定済みのワイヤレス充電パッド「NOMAD Base Station Apple Watch Edition」の国内販売が決定した。TokyoMacが予約受付を開始し、8月下旬に発売予定となっている。

特徴は洗練されたデザインと機能性、海外メディアから高く評価

すでに海外では販売され、「AirPowerの理想的代替品」とまで言われるほど評価されている「NOMAD Base Station Apple Watch Edition」の特徴は、洗練されたデザインと機能性

ワイヤレス充電パッドはレザー製、7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応

ワイヤレス充電パッド部分にはレザーが使用され、7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応した3つのハイパワーコイルを内蔵
Nomad Base Station apple watch edition 1

もちろん、最新のAirPods 2」のワイヤレス充電もサポート
Nomad Base Station apple watch edition 4

MFi認定のApple Watchチャージャーも完備

Apple WatchチャージャーはMFi認定で、チャージャー・ケーブルのセットは一切不要。すべてのモデルに対応し、充電中のナイトモードにも対応。
Nomad Base Station apple watch edition 2

LEDインジケーターは自動調光機能付き

個人的に魅力的だと感じたのは、LEDインジケーターの仕様。3つのLEDで充電状態が確認できることはもちろんだが、光センサーにより、夜間と昼間を自動調光機能が用意され、ベッドサイドに置いてもLEDの眩しさが気にならない。

価格は20,520円、8月下旬に発売予定

本体のサイズは16.5cm x 11cm x 4cm。重さは460g。日本国内使用可能ACアダプタが付属。本体底面にはラバーが使用され、シャーシには航空機仕様のアルミニウムが採用されているとのこと。
Nomad Base Station apple watch edition 3

価格は税込み20,520円。興味ある人は下記からどうぞ。

ギャラリー
「iPhone用ワイヤレス充電器」新着記事
トレンド検索