【レビュー】NOMAD Titanium Bandーーチタンモデルに最適なリンクブレスレット

Apple純正リンクブレスレットはステンレススチール製、チタンケースに合わせるならNOMAD Titanium Band一択

Apple Watch Nomad Titanium Band Review 62

Apple Watch Series 5」には新たにチタニウムケースが登場した。常時オンディスプレイの採用により、僕が初代モデルから文句を言い続けている「時間が確認したい時に確認できない」問題がようやく克服されたことによって今までで最も腕時計らしいApple Watchになった。

僕の中で腕時計らしいバンドといえばリンク型の金属バンド。Apple Watchで言うところの「リンクブレスレット」だが、残念ながらこのバンドはステンレススチール製。せっかくチタン製のケースなのにステンレススチールバンドしかないのはイマイチだ。

そこで今回紹介するのは「NOMAD Titanium Band」。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 03

名前の通りチタン製となっていて、シルバーとブラックが用意されている。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 05

正直なところ、「Apple Watch Series 5」の色合いとマッチするかどうかは分からないが、少なくともケースと同じチタン製であること、Apple純正の「リンクブレスレット」よりも価格が手頃ということで、チタンモデルを買った人には超絶おすすめ。すでに「Apple Watch Series 4」で愛用しているので、紹介する!

リンクブレスレット(スペースグレイ)と比較

まずはスペースグレイの「リンクブレスレット」と見た目の違いをざっくり紹介する。購入した「NOMAD Titanium Band」はシルバーモデル。ブラックモデルに飽きてしまい、今回購入した「Apple Watch Series 5」もシルバー寄りのカラーを選んだ。

接続部分は少し差がある。「リンクブレスレット」の方が一体感がある。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 08

バンドそのものの太さはほぼ同じ。Apple純正品の方が一体感があり、接続部分に向けて各リンクが徐々に大きさを増すようなデザインになっているが、「NOMAD Titanium Band」は同じまま。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 09

厚みは「NOMAD Titanium Band」の方が断然あるが、実は僕の手首にフィットする状態にどちらも調整した時の重さは「NOMAD Titanium Band」の方がわずか4gほど軽い。分厚い分、重さがあるのかもしれない。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 14

Apple純正品は両開き式バックルを採用しているが、「NOMAD Titanium Band」はプッシュボタン式三つ折れバックルを採用している点も異なる。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 17

バンド幅の調整は面倒だが一度切りなので割り切ろう

Apple純正の「リンクブレスレット」は特別な工具を使うことなくバンドの長さを調整できることが魅力だが、「NOMAD Titanium Band」は残念ながら特別な工具を使って調整する必要がある。これだけでも敬遠してしまう人がいそうだが、落ち着いて作業すれば僕でもできるので、きっと誰でもできるはず。あと、毎日やる作業ではなく一度で済む作業なので、割り切るべし!

使う工具はこれ。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 22

「NOMAD Titanium Band」を円盤の上に載せ、矢印の向きに針を挿し、リンクを固定している針を抜くことによって余計なリンクを外すことができる。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 26

細い針で細い針を押し出すことに若干の不安を覚え、一方は成功したものの反対側のバンドで作業する時に矢印の向きを間違えて針を折ってしまったが、そのような人のためにスペアも入っているので大丈夫。矢印の向きに従おう。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 27

無事不要なバンドを抜ことが完了するとこのような状態に。あとは再度必要なバンドだけを組み合わせ、同じ工具を使って繋げるだけ。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 31

長さが分からない、という場合は適当な紐を使って手首周りをざっくり測り、それをもとに左右のバンドから長さを調整するのが良いかもしれない。僕は「リンクブレスレット」の長さに合わせて調整した。

NOMAD Titanium Band + Apple Watch Series 4のスペースグレイステンレススチールケース

バンドの長さ調整が完了したら、他のApple Watch用バンドと同様に装着するだけ。僕は「Apple Watch Series 4」のスペースグレイステンレススチールケースにつけてみた。スペースグレイとシルバーという組み合わせに不安があったが、正直全く気にならない。念のために家族や友人などに聞いて回ってみたが、誰も「え?普通じゃない?」と言ってもらったのできっと大丈夫だろう。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 37

「リンクブレスレット」は繊細で上品、というイメージだが、「NOMAD Titanium Band」は存在感があり、腕時計らしさを感じる。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 40

繋ぎ目も純正品さながらの一体感がある。
Apple Watch Nomad Titanium Band Review 51

NOMAD Titanium Bandの装着感やつけ心地

「NOMAD Titanium Band」のつけ心地はとても良い。「リンクブレスレット」はブレスレット型の存在感を感じさせないように作られているが、逆に「NOMAD Titanium Band」は主張する。それでもフィット感はとても良く、僕は断然こっちの方が好みだ。

軽く、強く、汗や海水などにも強いというチタンの特性もあり、この夏は大活躍。チタン製ということは、よくあるアレルギーフリーのピアスに使われていると同じなので、ブレスレット型のバンドが欲しいけど肌荒れが不安、という人でも選びやすいのではないだろうか。

以下に参考として実際に僕が身に付けた写真を載せておく。チタンケースと組み合わせは追って紹介する予定。

Apple Watch Nomad Titanium Band Review 69

Apple Watch Nomad Titanium Band Review 97

Apple Watch Nomad Titanium Band Review 32

Apple Watch Nomad Titanium Band Review 34

Apple Watch Series 5のチタンケースに最適なブレスレット型バンド

Apple Watch Nomad Titanium Band Review 35

新登場したチタンケースに適したチタン素材のブレスレットバンドを用意していないApple。その代わりとして購入する製品として「NOMAD Titanium Band」は素晴らしい選択肢だと個人的に思っている。

価格はシルバー・スペースグレイともに税込27,900円。チタンケースを買った人でリンクブレスレットのようなバンドが欲しい人はチェックしてみるべし!

NOMADはクオリティが高い!他にも魅力的な製品が沢山

ギャラリー
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watch用バンド」新着記事
トレンド検索