学生みんなが特待生。

【レビュー】キーホルダー型MFi認証済みLightningケーブル「KERO Lightning Nomad Cable」が非常に良い!

KERO Lightning Nomad Cable

iPhoneの電池がすぐ切れる。だから、モバイルバッテリーは必須だ。

ただ、モバイルバッテリーだけを持っていても仕方がない。当然、充電用のLightningケーブルを持っている必要がある。

これまで多数のLightningケーブルを紹介してきたが、Lightningケーブルをポケットの中に入れるのは何か違う。いつでもパッとスマートにLightningケーブルを出したい。

これまでそのニーズを満たしてくれていたのがキーホルダーに付けられるLightningケーブル「Bluelounge Lightningケーブル Kii キー」。これは確かに便利だったのだが、1つ大きな欠点があった。それはUSBとLightningの間が変形しない作りになっているということ。机の上で充電しようとしてもどうしても水平にならず、USBポートに負担がかかっているように思えた。

そこで、今回購入したのが同じくキーホルダー型Lightningケーブル「KERO Lightning Nomad Cable」。これがキーホルダーに取り付けられるだけではなく、接続部分が自由に曲げられるような作りになっているので、大変良い。非常に良いので是非とも皆さんに知ってもらいたい!

この極短Lightningケーブルの魅力について大いに語りたいと思う!

「KERO Lightning Nomad Cable」の外観レビュー

ホワイトモデルブルーモデルがあるが、僕が購入したのはブルーモデル。汚れが目立たなさそうというのもそうだが、ブルーの方が派手だから!

非常に明るくスカイブルーに近いブルーだ。とても良い!こういう明るい色は見ているだけで元気がモリモリ出てくるね!
KERO Lightning Nomad Cable

「KERO Lightning Nomad Cable」はしっかりとMFi認証を取得済みのキーホルダー型Lightningケーブル。よって安心して使うことができる。
KERO Lightning Nomad Cable

USB端子側に大きく「KERO」の文字が書かれている。
KERO Lightning Nomad Cable

左側がUSBのキャップ部分となっていて、外すと…
KERO Lightning Nomad Cable

このようになる!特にサプライズはなし。
KERO Lightning Nomad Cable

外したケース部分をキーホルダーなどに繋げることができるようになっているが、結構頑丈でUSB端子を締め付けるように閉まるので勢いで抜け落ちることは早々にないだろう。
KERO Lightning Nomad Cable

さて、僕が「KERO Lightning Nomad Cable」で一番気に入っているのはこのケーブルの柔軟性。もちろんこのように平らにして充電できる。
KERO Lightning Nomad Cable

ただ、それだけではない。このようにねじって接続することだって可能なのだ。通常のLightningケーブルのように自由に曲げて使うことができるのだ!
KERO Lightning Nomad Cable

さすがに上記写真のような使い方をわざわざする人もいないかもしれないが、このようにモバイルバッテリーを繋げて持ち運ぶことも可能なのだ。僕が愛用している長さ10cmの「Amazonベーシック」Lightningケーブルと同じ使い方ができるのだ!
KERO Lightning Nomad Cable

僕はいつも大量の鍵をカラビナに付けてジャラジャラ鳴らしながら歩いている。「KERO Lightning Nomad Cable」が今回加わったことで、Lightningケーブルが手元にないという心配から完全に解放された!
KERO Lightning Nomad Cable

いつでもLightningケーブルを持ち歩けるという安心感は大きい!MFi認証済みで安心して使うことができるので、鍵と一緒に持っておくことをオススメする!

購入は以下からどうぞ!