【レビュー】純正品に限りなく近いデザイン!Cable Matters製Lightningケーブルを買ってみた!

Cable matters製lightningケーブル
Lightningケーブルがセールになる度に「紹介したからには買ってみよう」と思って買ってしまうため、信じられないぐらいLightningケーブルに囲まれているg.O.R.i(@planetofgori)デス。なぜこうなった…。


先日、1000円で長さ1メートルのMFi認証ライセンス済みのCable Matters製のLightningケーブルセール情報紹介したが、例に漏れず買ってしまったので早速レビューしておく!

梱包はシンプルだがケーブルとしては特に問題なし!

送られてきたLightningケーブルは梱包も非常にシンプル。宅配ボックスがない我が家だが、ポストの中に投函されてようで到着していたことに気付かなかった。

今まで知らなかった「Cable Matters」というメーカーのLightningケーブル。MFi認証ライセンスを取得しているケーブルとなっているので、安心して使うことができる。
Cable matters製lightningケーブル
早速開けてみることに。僕が購入したカラーはイエロー。写真では若干レモン掛かって写っているが、実際はもっと黄色が濃い。
Cable matters製lightningケーブル
AnkerのLightningケーブルのようにUSB接続部分には特にロゴなどは入っていない。
Cable matters製lightningケーブル
Lightning端子側はさすがに「Cable Matters」の文字とロゴが描かれている。
Cable matters製lightningケーブル
実際にiPhoneに繋げてみたところ。先日紹介したiPhoneケース「Kalo Apple iPhone5 5S DenimCard」を取り付けた状態でも全く問題ない。
Cable matters製lightningケーブル

上から見たところ。Lightning端子部分は分厚くもなく、横幅が広いわけでもないので純正ケーブルに限りなく近いデザインが採用されている模様。
Cable matters製lightningケーブル
これまで白いLightningケーブルを買ってばかりだったが、今回のような純正品が提供していないようなカラーモデルを使ってみるととても新鮮だ!現在は1メートルモデルが販売されておらず2メートルモデルのみとなっているが、それでも1,400円とLightningケーブルの中では安い方だと思うので、もう1本Lightningケーブルが欲しい人は検討してみるべし!





あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法