【悲報】「iPhone 7」、おサイフケータイの利用開始は2017年から?!

Apple Pay
iPhone 7」シリーズにはFeliCaに対応するチップが内蔵され、「Apple Pay」を通じて国内でもおサイフケータイ関連サービスが利用可能になると噂されていた。


ところがここに来て突然のバッドニュースだ。日本経済新聞によると、iPhone 7」はFeliCa用チップを内蔵するものの、利用できるようになるのは2017年以降になると報じている!

サービス企業との調整、金融機関と手数料の交渉のため

報道によると、「iPhone 7」にはFeliCaチップが搭載され、国内でもサービスが開始される「Apple Pay」の一部として利用できるようになる。ただし、利用できるのは「iPhone 7」を入手して直後ではなく2017年以降になる、ということだ。

なぜか。これはFeliCa用の読み取り機を設置する店舗や企業との調整や決済後に代金を引き落とす金融機関と手数料の交渉が理由。要は、端末側は準備ができているがインフラが準備できていないということだ。

いざ対応すればコンビニや自販機での買い物はもちろんのこと、将来的にはSuica/PASMOの代わりとして利用可能になる。ただし、原文を読む限りではコンビニや自販機での買い物よりもハードルが高いのか、Suica/PASMOの代わりとして利用できるようになるのはしばらく先になるかもしれない。

あわよくば発売直後からおサイフケータイ機能を試してみたかったが、そう簡単には進められない大人の事情があるようだ。少なくとも端末側は対応するので、いずれ利用できるようになるはず!気長に待ちましょう!

gori.meではスペシャルイベントの最新情報をFacebookページTwitterアカウントプッシュ通知Feedlyで配信しているので、フォローして頂いていない人はこの機会に是非!
(via 日本経済新聞

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった