チェスの元チャンピオン、「iPod touch」を使用したカンニングが発覚

Gaioz nigalidze 【img via sportskeeda

過去に2大会連続優勝という輝かしい経歴を持ち、チェス界で最高位の称号「グランドマスター」を持つ26歳のGaioz Nigalidze(ガイオズ・ニガリジェ)さん。今後数年間、試合でお目に掛かることは無さそうだ。

先日ドバイで開催されたチェスのオープン戦にて、Nigalidze氏は「iPod touch」を使用したカンニングが発覚し、退場処分を命じられた。最低でも3年間、最大15年間の試合出場できない。

トイレの同じ個室に何度も足を運び、アプリで確認

大会規則によると、試合への電子機器の持ち込みは禁じられている。確かに”試合の場”には電子機器を持ち込んでいなかった。

ではどうやって「iPod touch」を使用して不正行為を行ったのか。どうやら利用できるアプリが存在するようだが、会場には持ち込めないため、トイレの個室内にトイレットペーパーに包み隠していたことが関係者の調べによって発覚。

Chess champion caught cheating 【img via The Telegraph

26歳という若さでありながらグランドマスターの称号を持ち、2013年・2014年大会の優勝者であるNigalidzeさん。勝利へのプレッシャーが大きすぎたのだろうか。

それにしても使っていたのがiPhoneではなく「iPod touch」ということに驚いた。

Apple iPod touch 32GB ピンク MC903J/A  <第5世代>” style=”border: none;” /></a></div><div class=
Apple Computer (2012-10-09)
売り上げランキング: 7,336

(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告