当メディアのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

SwitchBot、ホテルの風呂水位が最適な位置で知らせてくれるセンサーを発売

「SwitchBot 水漏れセンサー」を新発売

Switchbot wator sensor

SwitchBotがSwitchBot 水漏れセンサー」を新発売した。単体センサーが内蔵された延長コード付きのものが同時に発売されており、価格は順に2,230円、2,980円。延長コード付きモデルは記事執筆時点で10%オフセールを行っている。

おすすめは延長コード付きモデル。というのも、単体モデルは浸水検知と水滴検知のみだが、延長コード付きモデルは0.5mmから検知できる水位も対応。つまり一定の水位でお湯を停められない一般的なビジネスホテルでは、これが1台あれば、常に水量を見張っていなくても適量になったときに通知してくれるのだ。めちゃくちゃ便利!

本体は最大100dBの警報音を鳴らすことができ、Alexaに繋がっていれば音声経由で知らせることも可能。もちろんスマホへも通知される。Wi-Fi通信をサポートするため、ハブ2などハブ製品は不要。自宅外でも利用できる。

水漏れセンサーの利用シーンは様々。配水管、冷蔵庫、トイレなど、本来濡れるべきではない場所が濡れた際、素早く通知してくれるはずだ。延長コードがあれば設置場所に自由度は増しそうだ。

Switchbot water sensor 04

単4電池2本で動作し、バッテリー寿命は最大で約1年半。バッテリー残量が切れそうになった場合、アプリから残量低下通知を受け取ることができる。

もっと読む

12本の記事を表示する
関連キーワード
公開情報
更新日2024年06月03日
執筆者g.O.R.i
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「ガジェット」新着記事
トレンド検索