新型ハブ「SwitchBot Hub 2」はMatter対応。すなわち待望のHomeKit対応だ

2月後半に発売予定。対応製品第1弾は自動カーテン、他の製品もOTAで順次アップデート予定

Switchbot 2 coming with mattert support and homekit

Switchbotは1月4日、CES 2023でMatterに対応した新型ハブ「SwitchBot Hub 2」を正式発表した。今年2月後半に販売開始を予定している。

Matterは、Amazon、Apple、Googleをはじめとしたスマートホームサービス提供企業280社以上が結成し、共同で開発した新しいスマートホーム規格。SwitchBotがMatter対応製品を投入したことで、従来は非対応だったAppleのHomeKitプラットフォームと連携可能になった。「ホーム」アプリから対応製品を直接操作できる

SwitchBot Hub 2は気温センサーおよび湿度センサーを搭載。LEDディスプレイを搭載し、画面輝度を自動調整するLEDセンサーを内蔵する。2つのシーンボタンが用意されており、予め設定しておけばワンタッチで反映できる。赤外線コントロール機能も強化されており、現行製品に比べてカバレッジは2倍に広がっているという。

SwitchBot Hub 2対応製品の第1弾は、Switchbotカーテン」に決定。既存製品のオンラインアップデート(OTA)で対応する。他の製品も2023年内に順次アップデートが予告されている。

関連キーワード
公開情報
更新日2023年01月05日
コメント(7件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:661098)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:660397)
    どう便利になるのか読んでもさっぱり。 書いた人はわかってるようだが。

    それな

  2. 通りすがりの読者(コメントID:660453)

    見た目よくていいけど、これに変えるにしても電球やらペットカメラやらでデバイスを20近く登録してるし旧HUBからの移行が楽にできるようになってからかなあ
    むしろ邪魔だからシーリングライト内蔵のがいいかな

  3. 通りすがりの読者(コメントID:660450)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:660397)
    どう便利になるのか読んでもさっぱり。 書いた人はわかってるようだが。

    この製品を使ってる人は大体わかるんじゃないかなあ、と。

  4. g.O.R.i(コメントID:660400)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:660397)
    どう便利になるのか読んでもさっぱり。 書いた人はわかってるようだが。

    追加の解説が必要であれば追加でしますので、知りたいことを具体的に教えてくださいね〜✋

  5. 通りすがりの読者(コメントID:660397)

    どう便利になるのか読んでもさっぱり。
    書いた人はわかってるようだが。

  6. 通りすがりの読者(コメントID:660203)

    電池式にしてくれないかな…
    線が邪魔なんだよね

  7. さなか(コメントID:659608)

    うわーデザインもめちゃめちゃかっこいいですね。もう持ってる温湿度計プラスとの棲み分け、どうしよう…

「ガジェット」新着記事
トレンド検索