マーケティング用途で最も利用されているSNSはFacebook!TwitterとLinkedInもランクイン!

Social marketing business
個人でソーシャルネットワークを利用するのとビジネスでソーシャルネットワークを利用するのとでは使い勝手は使い方が全然違う。ビジネスで活用する多くの場合はマーケティング目的で導入するケースが多い。


Social Media Examinerの調べによるとマーケティング用途で最も利用されているSNSはFacebookであることが明らかになった!

1位はFacebook、2位はTwitter、3位はなんとLinkedIn

Statistaが作成した「2014 Social Media Marketing Industry Report」の結果によると、マーケティング用途としてはFacebookを選ぶものの、実際に効果的に活用できると答えた人は半分以下だったようだ。世界最大のリアルグラフはマーケティングとして使うのは比較的難しいようだ。

Social marketing business
一方、Facebookに続いて人気があるのはTwitter。B2Cにおいては81%、B2Bにおいては85%のマーケターが活用しているとのこと。3位にはなんとLinkedInがランクイン。特にB2Bにおいて使われているようだ。登録ユーザーが2億人を突破し、スポンサード広告などを導入しているInstagramはB2Cにおいて34%、B2Bにおいては19%しか活用されていない。

市場調査やマーケティングにSNSを活用したとしても、期待しているような結果や情報は必ずしも得られないようだ。世の中のサービスが個人に対する最適化を重要視しつつある今日この頃、マーケターにとってはこの状況はなかなか大変そうだ。

(via Mashable

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー