LinkedIn、MySpaceを抜いてアメリカで2番目にアクセス数の多いSNSに

先日、日本語版をリリースすることを発表した、プロフェッショナル向けビジネスSNSのLinkedInがMySpaceを抜き、6月におけるアメリカで2番目にアクセス数の多いSNSになった

linkedin


【img via TechCrunch

LinkedInの6月のUA(ユニークアクセス)数は3390万だったのに対して、MySpaceは3350万だったようだ。MySpaceの5月のUA数は3490万だったそうなので、噂通り、緩やかなダウントレンドが見られているようだ。

Twitterもかなり検討していて、5月のUA数が2700万だったのに対して6月のUA数は3060万という大躍進を遂げている。Twitterは自社の純正クライアントとサードパーティのクライアントと統計を分けているようなので、5月頭に買収したTweetDeckの効果が出ているのかもしれない。

ちなみに、アメリカのソーシャルサービスでぶっちぎりのUA数を誇っているのは、言うまでもなくFacebook。なんと6月のUA数が1億6000万もあるそうだ。伊達に7億5000万ユーザーも登録していないわけだ。

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
「テクノロジー」新着記事
トレンド検索