LinkedIn(リンクドイン)がデジタルガレージと組んで年内に日本語版をリリース!

linkedin

プロフェッショナル向けビジネスSNSとして現在世界中で1億人以上が登録しているLinkedInがデジタルガレージと組んで日本語版を年内にリリースすることを発表した。以下、プレスリリースより抜粋。

株式会社デジタルガレージ(大証JASDAQ 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役/グループCEO:林 郁、以下:DG)は、米LinkedIn社(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー、創業者:Reid Hoffman、CEO:Jeff Weiner)と、LinkedIn社が運営するビジネスパーソン向けプロフェッショナル・ネットワーク「LinkedIn」(http://www.linkedin.com/) の日本におけるマーケティング支援について合意しました。今回の合意に基づき、DGはLinkedIn社と緊密に連携しながら、日本におけるLinkedInの普及に向け、マーケティング活動、広報活動、市場調査、プロダクトマーケティング支援を行っていきます。LinkedIn社はLinkedIn日本語版の立ち上げを2011年中に予定しています。

国内ではいかにFacebookをビジネス用途として使うか、という流れがあった(今もある?)ようだが、個人的にはFacebookはあくまでもリアルな繋がりをベースにした友人・知り合いのバーチャルコネクションプラットフォームだと思っているので、ビジネス用に使うには無理があると思っていた。

一方でLinkedInは、ビジネス用に特化しているため、プロフィールもそれ向けになっているし、公私混同せずに利用できるのが個人的には使い勝手が良いと感じる。日本でも使っている人は使っているとは思うが、Twitterで就活だとか言っているような世の中なので、日本で公開されたら利用者は一気に増えるだろう。来年以降就活を控えている人は特に今のうちから注目しておいた方がいいかもね。

(via デジタルガレージ

あわせて読みたい