「Amazonプライムビデオ」、公開後1週間で最もダウンロードされた「Apple TV」用アプリに

Amazon Prime Video for AppleTV

Amazonプライムビデオ」は公開後1週間で最もダウンロードされた「Apple TV」用アプリである、とAmazonの広報担当が明らかにしている。iPhone in Canadaも同様の情報を受け取っていると伝えている。

実際の数字は明らかになっていないが、「WWDC 2017」で登場することが発表されて以来、半年近く引っ張った末のリリースだったことから、多くの「Apple TV」ユーザーが飛びついたのではないかと予想される。

また、tvOSを搭載しない「Apple TV」でも配信されたことも、ダウンロード数を伸ばした要因の1つだったかもしれない。

ダウンロード数は多いかもしれないが、評価は最悪

ダウンロード数は稼いだものの、評価は芳しくない。Daring FireballのJohn Gruber氏およびiMoreのRene Ritchie氏は両者ともに「tvOS史上、最悪のアプリ」と酷評している。

手元の「Apple TV」が動作しなかったので確認できなかったが、どうやらネイティブアプリで書かれず、ウェブビューを使用した粗末なUI/UXになっているそうだ。AppleはウェブビューをtvOSで許可していないことから、アプリの実装方法で揉めていた関係でリリースが遅れたのかもしれない。

最初はネームバリューでダウンロードされるが、いずれUI/UXの悪さはユーザーからのクレームに繋がるリスクがある。ダウンロード数も伸び続け、ユーザーも使い続ければ、来年あたりにネイティブアプリとしてアップデートされることはあり得るのだろうか。

(via MacRumors

もっと読むAmazonまとめ
もっと読むApple TVまとめ