Apple、「WWDC 2017」に向けて専用アプリをアップデート

WWDC App for 2017

Appleは5月31日、来たる日本時間6月6日午前2時からWWDC 2017」に向けてWWDC」アプリを最新版にアップデートしている。濃いグレーだったアプリのアイコンカラーも赤くなっている。

最新バージョンではテーマ別に動画リストが確認できるようになった他、インタラクティブな会場の地図を用意し、会場の詳細情報が確認できる「Venue」タブを新たに追加している。

また、合計17個のステッカーが利用可能になるiMessage用アプリも提供されている。

WWDC 2017」の開催場所はSan Joseに建設されたApple新本社の近くにある「McEnery Convention Center」。例年通りの内容であれば「iOS 11」「macOS 10.13」を始めとしたiOS・macOS・watchOS・tvOSの次期バージョンを披露すると予想される。

さらに、今回は多数のハードウェアが登場することも期待されている。10.5インチ型「iPad Pro」やSiri搭載スピーカーの登場に加え、新しい「MacBook Pro」、12インチ型MacBook、そして13インチ型「MacBook Air」が発表されると噂されている。

なお、Appleは既に「WWDC 2017」の基調講演をライブ中継することを発表している。

App Storeで「WWDC」をチェック!
あわせて読みたい