知らないと損!Amazonで90%オフの超お買い得商品を簡単に探し出す方法

Shopping carts

【img via shopping carts by Auswandern Malaysia

アマゾンで激安価格で販売されているお買い得商品を超簡単に見つける方法、皆さんはご存知だろうか?!

元ネタは2007年に書かれたGIGAZINEの記事だが、2013年である今でも全く問題なく利用できる!これを知らないのは間違いなく損していると思うので、改めて紹介する!

魔法の文字列をURL末に追加するだけ!

お買い得商品を探す方法は意外と簡単。セール商品を探したいカテゴリのページを開き、URLに特定の文字列をUrlに追加するだけ。

◯◯%オフの商品を表示する場合

まずは基本的な使い方から!特定の商品カテゴリで◯◯%オフの商品を探したい場合、下記の文字列をURLの最後に追加する!

&pct-off=◯◯-

「たったそれだけ?!」と思うかもしれないが、実際に「パソコン・周辺機器」カテゴリで実践してみる!カテゴリを開いただけでは以下のような画面が表示される。

アマゾンでお買い得商品を探す方法

今回、僕は30%オフの商品を探したいので、URLに「&pct-off=30-」を追加してページを読み込み直す!すると以下のように表示が切り替わるのだ!

アマゾンでお買い得商品を探す方法

「30」の部分を書き換えれば表示内容を簡単に切り替えることができる。例えば、以下のような使い方ができる。

  • 30%オフの商品を探す場合:&pct-off=30
  • 50%オフの商品を探す場合:&pct-off=50-
  • 70%オフの商品を探す場合:&pct-off=70-
  • 90%オフの商品を探す場合:&pct-off=90

◯◯%〜✕✕%オフの商品を表示する場合

ただ、90%オフの商品はなかなか無い。何も90%オフにこだわっているわけではなく、お買い得の商品を探し当てることが重要なのだ。実は◯◯%〜✕✕%オフの商品を探す方法もあるので紹介する!買い物上手な人はこのテクニックも心得ておくべし!

&pct-off=◯◯-✕✕
  • 30%〜50%オフの商品を探す場合:&pct-off=30-50
  • 50%〜70%オフの商品を探す場合:&pct-off=50-70
  • 70%〜90%オフの商品を探す場合:&pct-off=70-90

特定の商品が欲しい場合は今回紹介したテクニックを使う必要は無いかもしれないが、「なんとなく物色してなんとなく何か買いたいな」という人は是非とも活用するべし!

(via GIGAZINE

関連キーワード
カテゴリAmazonまとめ
コメントを残す(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(6件)
  1. べっけ

    専用のサイトを使った方が便利だと思う

    ・あまとも
    http://ckworks.jp/amatomo/
    価格変動をメール通知
    メール通知の条件が少ないのが弱点だが価格変動からメールが来るまでの遅延が少ないのでホットな商品はここで
    http://ckworks.jp/amatomo/pricerank_all2.html
    ランキングをチェックしておくと掘り出し物がたまにある
    http://ckworks.jp/comicdash/
    コミックダッシュ!も便利

    ・あまぞうβ
    http://botchan.biz/a/
    価格変動をメール通知
    メール通知の条件が豊富で便利、ただメールタイミングは一日2回ぐらいしかないので安値時間は終わってたりする
    http://botchan.biz/
    ネットで見つけた激安!?超特価商品

    ・ぞんわり
    http://zonwari.com/
    商品を高割引率順に並べ替え出来る
    送料0の商品しか出てこないんで安いかと思ったら送料680円だったみたいながっかりがない
    https://itunes.apple.com/jp/app/id396852791?mt=8
    何気にiPhone用のソフトが便利

    ・AmazonPrice
    http://amapri.com/
    価格変動をメール通知
    Windows用の専用ツールがある

    Amazon最安アラート
    http://saiyasu-alert.com/
    価格変動をメールorツイッター通知
    ツイッター通知に期待してるんだがまだ機能不足かも

「Amazon」新着記事
トレンド検索