新型「Kindle Paperwhite」、発表!300ppiの高解像度ディスプレイ搭載

Kindle paperwhite new
Amazonから新型「Kindle Paperwhite」が発表される。名称は「Kindle Paperwhite(ニューモデル)」。

最大の特徴は6インチ型300ppiの高解像度ディスプレイを搭載したこと。紙のような見やすさが売りのe-inkとの組み合わせで今まで以上に長時間の読書に没頭することができそうだ。

新モデルは6月30日に発売予定。続きに価格やスペックなどをまとめたので、参考にどうぞ!

明るい日差しの中でも反射しない、読書に最適化されたディスプレイ

目にやさしいe-inkディスプレイ搭載のお陰で「Kindle Paperwhite」は通常のスマートフォンタブレットに比べて読みやすいと評判だ。

旧モデルのディスプレイ解像度は167ppi。そのディスプレイがより高解像度になったことによって全ての文字や絵がよりくっきりになることが期待される。以前の機種に比べて読みやすさは格段に増すだろう。

「Kindle Paperwhite」のもう1つの特徴は長い電池持ち。明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で最長数週間利用可能であると明記されている。充電時間も約4時間。

本体容量は4GB。Wi-Fiモデルの重さが205g、Wi-Fi + 無料3Gモデルの重さが217g。通勤や通学の途中で片手で持っていても腕が疲れる心配は無さそうだ。

各モデルの価格は以下の通り。

Wi-Fi版 キャンペーン情報つき14,280円
Wi-Fi版 キャンペーン情報なし16,280円
Wi-Fi + 無料 3G版 キャンペーン情報つき19,480円
Wi-Fi + 無料 3G版 キャンペーン情報なし21,480円

キャンペーン情報つき」というのは、平たく言えば広告付き、ということ。「お得なキャンペーン情報やおすすめ商品がKindle端末に表示され」、「スリープモード時のスクリーンセーバーやホーム画面の下部にだけ表示され」る。よって、「キャンペーン情報つき」モデルの方が低価格なのだ。

さらにAmazonプライム会員は提供されているクーポンを利用することによってさらに4,000円オフになるとのこと。なんてお買い得な!

個人的には電子書籍をそれほど読む方ではなく、最近では「iPhone 6 Plus」を使って読むことの方が多いが、モリモリ読むという人は「Kindle Paperwhite(ニューモデル)」を予約しても良いかもしれない!

気になる人は以下からどうぞ!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. DELL、”世界最小”を謳う15インチ型ノートPC「XPS 15」の新モデルを発表
  2. 「macOS Sierra 10.12.3」、正式リリース!MacBook Pro 2016年モデルにおける一部不具合を修正
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「iOS 10.2.1」、正式リリース!バグの修正およびセキュリティ問題の改善
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!