「Apple Watch」に搭載されているメモリ(RAM)は512MB

iFixit

【img via iFixit

腕時計のスペックについて気にすること自体に違和感があるが、現時点では腕時計よりもウェアラブルコンピューターに近い存在だからこそ、気になってしまう!

ABI Researchの調べによると、Apple Watch」の「S1」チップは512MBのメモリ(RAM)を搭載していることが明らかになった!

対応無線規格はWi-Fi、Bluetooth、NFCの3種類

Apple Watch」のRAMはElpida製。1GBのRAMを搭載している「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の半分もあるということは、アプリ容量などから考えて本来はそこそこキビキビ動作すると理解して良いのだろうか。ネイティブアプリにより一層期待が膨らむ!

なお、フラッシュメモリの容量は8GBで、SanDisk製または東芝製。Wi-FiやBluetooth、NFCはBroadcom製のチップ採用されているとのこと。

S1 decapped abi
【img via ABI Research

Apple Watch」が今秋にネイティブアプリに対応するという流れで「Apple Watch」単体で通信できるのかもしれない、と期待している人もいるかもしれないが、残念ながら対応している無線規格はWi-Fi、Bluetooth、NFCの3種類のみ。少なくとも現行モデルはiPhoneとセットで利用することに変わりない。

ただし、将来的に「Apple Watch」が単体でWi-Fiネットワークに接続できるようになるのかもしれない。その場合、同じWi-Fiネットワーク内であればBluetoothのレンジ外でも通信することができる仕組みは実現できるかもしれない。

(via MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索