「Apple Watch Series 3」、2017年後半に発表か?!

Apple Watch Series 2 Review

初代モデルから考えると満足度の高い「Apple Watch Series 2」。防水性能も向上し、GPSも追加。パフォーマンスも快適になり、電池持ちも良くなった。

それでもまだまだ改良の余地はある。現状ではiPhoneがなければ使い物にならないが、将来的には「Apple Watch」単体で通信できるLTEモデルの登場が期待される。

Digitimesによると、次期「Apple Watch」(名称は「Apple Watch Series 3」になる?!)が2017年後半に発表される可能性がありそうだ!

「Apple Watch」用タッチパネルを製造していたTPKが撤退

これは「Apple Watch」用のタッチパネルを製造しているサプライヤーTPK社が撤退することが明らかになり、判明。

TPKは初代モデルでは2枚のガラスを貼り合わせるG/Gタッチパネルを供給。その後、Appleは第2世代モデル(Series 1/2)においてガラスを2枚ではなく1枚使用するTOLタッチパネルに変更。

このTOLタッチパネルの歩留まり率の低さが会社の業績に大きなダメージを与えているとのことで、TPKは同パネルから撤退し、有機ELディスプレイ用の3Dセンサーを活かしたタッチパネルに注力することによって収益性の改善を試みるという。

「Apple Watch」の次期モデルではTOLタッチパネルに代わってG/Fタッチパネルが採用される見通し。製造元はTPKに代わって台湾のGeneral Interface Solution社または香港のBiel Crystal Manufactory社が担当すると見られている。新しいタッチパネルは2017年後半に出荷が開始されると見られ、新モデルも次期iPhoneと同時期に披露されるのではないかと予想される。

FOLLOW / 最新情報を購読