「Apple Watch Series 3」、やはり今秋発表か

Crew 22256 using apple watch unsplash

2017年下半期におけるQuanta Computerの売上が伸びると予想されていることから、その要因として製造を担当しているApple Watch」の次期モデル「Apple Watch Series 3」が今秋、登場するのではないかとDigitimesが報じている。

「Apple Watch Series 1/2」が発表されたのは2016年9月9日。発売は9月16日だった。初代の「Apple Watch」は2014年9月10日に発表され、2015年4月24日に発売された。

今年4月にDigitimesは、これまで「Apple Watch」の製造を独占していたQuanta ComputerにCompal Electronicsがサプライチェーンに加わり、2017年の下半期に出荷を開始すると伝えていた。最新の情報によると、次期モデルは引き続きQuanta Computerが担当し、Compal Electronicsはあくまでも古いモデルの製造に留まる模様。

Apple Watch Series 3」が現行モデルからどのように進化するかは明らかになっていないが、過去に電池性能の向上セルラー通信を可能とするSIMスロットの搭載が噂されていた。

今年5月には、Tim Cook氏が「Apple Watch」と連携する血糖値測定デバイスをテストしていると報じられていた。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい