「Apple Watch Series 3」、SIMスロットを搭載しセルラー通信が可能に?

Apple Watch Series 3」と呼ばれるかどうかは分からないが、次期「Apple Watch」はSIMカードスロットを搭載し、セルラー通信が可能になると、Susquehanna Financial GroupのアナリストChristopher Rolland氏がアジアのサプライヤーやテック企業からの情報を根拠として伝えている

LTEに対応し、「Apple Watch」単体で通信可能になるという噂はこれまで何度も報じられているが、同氏曰く、次期モデルは電池持ちの問題を解決するために電力消費の少ない「CAT-M1」チップを採用するとのこと。

また、VoIP技術を採用する可能性があるとし、AirPodsと組み合わせて使用することも検討しているとのこと。

来年のiPhoneは「USB-CとLightningのハイブリッド」に?

Rolland氏はアジアから入手したiPhoneに関する情報もレポートしている。

2017年に発表されるiPhoneは4.7インチ、5.5インチ、5.8インチモデルとなっていて、5.8インチモデルは有機ELディスプレイを搭載。すべてのモデルはワイヤレス充電に対応するとしているが、フル充電に3時間も掛かることから懐疑的な声も上がっているという。

これまで5.8インチモデルがホームボタンを廃止するという噂は何度も伝えられていたが、一部のサプライチェーン関係者はホームボタンを廃止する上で技術的な問題に直面していると指摘しているとのこと。

また、AppleはUSB-CとLightningのハイブリッドな仕様を検討していると伝えている。具体的にどのような意味で”ハイブリッド”なのかは不明だが、少なくとも2017年に発表されるiPhoneには採用されないそうだ。

これはKGI証券のMing-Chi Kuo氏が伝えていた2017年発売の全モデルが急速充電対応のLightningポートを搭載するという情報と一致していない。

5.8インチモデルの搭載が噂されているiPhoneのプレミアムモデルは「Apple Watch Edition」にマッチするモデルとして登場し、現在は様々なプロトタイプがテストされている模様。基本コンセプトとしては「5インチ液晶ディスプレイ」「デュアルカメラ」「ワイヤレス充電対応」「Lightningコネクタ仕様」しか決まっていないと伝えられていた。

(via 9to5Mac