海外で話題の10分間「無音」の楽曲、日本版も登場したが必要?

Makk 10minute song

海外で話題になっている、9分58秒の間ひたすら無音状態が続く謎の楽曲「A a a a a Very Good Song (Silent Track)」が話題になっていたことは知っているだろうか。

ランキング上位に食い込んだ理由は、iPhoneをカーステレオに接続した際に曲を選ぶ時間を作るため。英語圏ではアルファベット順で最初にある楽曲が自動的に選択され、再生されてしまうという問題があった。

「A a a a a Very Good Song」という「a」が5回も続くタイトルを付けた楽曲を配布することによって、カーステレオに接続した際にまずはこの曲が流れ、約10分間の間に焦ることなく聴きたい曲を選ぶことができる、というもの。

実に面白い発想だが、日本で利用するには問題がある。それはアルファベット順に表示されない、ということ。

そこで登場したのがアーティスト「Makk」の「ああアアAA」という楽曲。あいうえお順で再生される場合、この楽曲をiPhoneに入れておけば好みの曲を静かに探す時間を作ることができる。

ただ、僕はここで一言申したい。必要か、これ?

僕の場合、直前に再生していた楽曲が再生されるため、あいうえお順のトップの曲が再生された経験がない。好みではない楽曲が再生されたとしても無音よりはBGMがあった方が落ち着くので、この楽曲の必要性が全く感じられない。

そもそも無音が良いなら再生した楽曲を停止すれば良くない?ダメなの?

オリジナルが200円で販売されているのに対し、日本語対応版は150円で購入できる。ちょっとの知識があれば自作できそうな気もしてしまうが、その手間が面倒な人はiTunes Storeからどうぞ。

もっと読むiTunesまとめ