WWDCアプリ、「Apple Developer」として改名し刷新

最新版では「見つける」タブが追加され、検索UIが向上している他、ダークモードがサポートされている

App developer app

Appleは現地時間11月18日、デベロッパーに対し、これまで「WWDC」アプリとして廃止していたアプリを「Apple Developer」に改名し、中身も刷新したことを発表している。

同アプリではデベロッパ向けニュース、教育コンテンツ、WWDC体験などの情報が提供され、過去のイベントのビデオをチェックしたり、WWDCの開催中にカンファレンスのスケジュールにアクセスして、ラボにサインアップし、セッションのライブストリーミングを視聴することもできる。

刷新された最新バージョンでは「見つける」タブが追加され、検索UIが向上している他、ダークモードをサポート。対応国および地域ではApple Developer Programの登録ができるようになり、韓国語もサポートされている。

価格は「Apple Developer」になっても変わらず無料。

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. んちまみ

    アイコンがapp Storeに似ていて間違っちゃいます(´・ω・`)

「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索