赤ちゃんからおもちゃを奪って泣かせてしまった犬、その後犬が取った素敵な行動とは?

Never too late to apologize

猫より犬派のg.O.R.i(@planetofgori)デス!

犬は人の気持ちが分かると言う話は良く聞く。辛い時に寄り添ってくれたり、嬉しい時に喜んでくれたり、飼い主と近ければ近いほど飼い主の気持ちを汲み取ってくれる犬もいるようだ。先日は読経に合わせて合掌する飼い犬も話題になっていた。

今回紹介するのは赤ちゃんからおもちゃを奪って泣かせてしまった犬。遊び心でついつい赤ちゃんの好きなおもちゃを持って行ってしまった結果、赤ちゃんは大泣き。悪いことをしてしまったことに気が付いた犬が取った行動がとても可愛らしく素敵だったので紹介する!

赤ちゃんに対する犬の優しさは異常!一体なぜだ…?!

大人を相手にすると犬は時折凶暴になったり言うことを聞かなかったりするかもしれないが、不思議と赤ちゃんを相手にすると犬はとてつもなく優しいイメージがある。なぜだろうか。赤ちゃんであるということを理解しているのだろうか。

赤ちゃんが遊んでいたおもちゃに寄ってきた犬。パクっと口で加え、部屋の隅に持って行ってしまった。
Never too late to apologize

「あれ…おもちゃは…?」状況が受け入れられない赤ちゃん。
Never too late to apologize

すぐに欲しかったおもちゃがもうないことに気づき、大泣き。と同時に、赤ちゃんが大泣きしてしまったことにすぐに反応する犬。そこで犬が取った行動とは…?!
Never too late to apologize

…そう!部屋中からありとあらゆるおもちゃを集めてもってきたのだ。なんて素敵な!もちろん、持って行ってしまったおもちゃも渡している!
Never too late to apologize

見ているだけで癒されるこの動画の再生回数は既に1,000万回以上を突破。人に謝るのは遅すぎない。人に優しくするにはそれほど難しいことではない。赤ちゃんと犬のコミュニケーションからも学べることはいっぱいあるね!

(via Asiantown.NET