Apple、iOS/macOS対応のユニバーサルアプリを開発できる機能を提供か

Iphone ipad mac developer

Appleはデベロッパーに対し、iOSとmacOS両方に対応したユニバーサルアプリを開発できる機能早ければ来年に提供するBloombergが報じている。

現状、デベロッパーはiOS用とmacOS用アプリを別々に開発する必要があるが、今後はiPhone/iPadとMac両方で動作するアプリを開発できるようになる。

2018年夏に発表、秋を目処に正式リリースか

このプロジェクトはコードネーム「Marzipan」と呼ばれ、早ければ来年夏に開催される「WWDC 2018」で披露され、同年秋に正式機能として提供が開始される可能性がある。Appleがどのような形でデベロッパーに対し、iOSとmacOSの両プラットフォームで利用できるアプリを開発可能にするのかは不明。

複数プラットフォームに横展開しやすくするための機能を提供することは、Appleが初めてではない。

Microsoftは、Windows Phoneが事実上”開発終了”状態になる前は「Universal Windows Platform」を提供。Googleは「Google Play Store」を「Chrome OS」で利用可能にし、InstagramやSnapchatなどスマホ向けアプリを動かすことができる。

この流れの先に「App Store」と「Mac App Store」を統合する計画があるかどうかは不明。「Mac App Store」は2014年以来デザインも変更されず、放置気味。

これまでにもiOSの様々な要素がmacOSに実装され、macOSの要素も一部iOSに取り入れられている。現実的に考えると、macOSのアプリをiOSに最適化するのは非常に難易度が高そうなため、どちらかというとiOSアプリをmacOSでも動作可能にする、というアプローチで提供されるのではないかと予想している。

なお、BloombergのレポートではtvOSやwatchOSについては言及されていない。

関連記事