MS幹部、Windows Phoneは事実上”開発終了”状態であると発言

Microsoftの幹部であり、「Windows 10」の指揮を取っているJoe Belfiore氏は自身のTwitterアカウントを通じて、事実上、「Windows Phone」は”開発終了”状態であることを明らかにした。

同氏によると、Microsoftはバグフィックスやセキュリティアップデートなどのサポートは続けるものの、新機能の開発は行わないと発言している。


創業者であるBill Gates氏もAndroidに乗り換えた

また、Belfiore氏は開発チームがデベロッパーに対してアプリをWindows Phoneのプラットフォーム向けに提供してもらうように全力で取り組んだことも説明。開発費用の支払いやアプリ開発の代用も行ったようだが、大多数の企業にとって、投資するにはユーザー数が少なすぎたと説明している。

Windows Phoneプラットフォーム離れは様々なエリアで起きている。ニューヨーク市警察(NYPD)は2年間使用していた36,000台もの端末をiPhoneに置き換えると発表

Microsoftの共同創業者兼元会長兼顧問であるBill Gates氏も最近、Androidスマートフォンに乗り換えたことが大きな話題となっていた。

ところで、以前から噂されている「Surface Phone」は一体どうなるのだろうか。もし出るとしたら、OSはAndroidなのかな。

(via 9to5Mac