「Windows 10」のISOエディションにある「Windows 10 N」「Windows 10 KN」「Windows 10 Single Language」とは

Windows 10 Start Screen

「Windows 10」が正式リリースされた。基本的にWindowsを使うことは全くなく、使う必要性も特に感じていなかったが、「Windows 10」に関してはこれまでのWindowsとは一味も二味も違う大幅なアップグレードになることになぜかワクワクしている自分がいた。

ISOファイルが公開されたので早速チェックしてみると「エディションの選択」と書かれた項目を発見。クリックしてみると「Windows 10」以外に「Windows 10 N」「Windows 10 KN」「Windows 10 Single Language」という選択肢が用意されていたため、大混乱。

Windows 10 Free Download 1−2

結果的に「Windows 10」をインストールしておけば問題ないことが分かり一安心したが、これらのエディションは一体何なのか。調べてみたので、気になる人は続きからどうぞ!

「Windows 10」にある各エディションの説明

Wikipediaによると、「Windows 10」以外のエディションは欧州委員会や韓国公正取引委員会などの要請を受けて一部機能を取り除いたものだそう。

「Windows N」とは

欧州委員会の要求を受けて用意されたエディション。「Home Edition」と「Professional」から「Windows Media Player」が取り除かれたバージョンとのこと。

「Windows KN」「Windows K」とは

韓国公正取引委員会の要求を受けて用意されたエディション。

「Windows K」は「Home Edition」と「Professional」に他社製インスタント メッセンジャーへのリンクを追加したバージョン。一方、「Windows KN」は「Home Edition K」と「Professional K」から「Windows Media Player」及び「Windows Messenger」が取り除かれているバージョン。

「Windows 10 Single Language」とは

1つの言語のみ実行できるバージョン。

これらを踏まえた上で「Windows 10」のISOファイルは以下からどうぞ!