MacはWindows 11 が利用不可 Intel Macでも公式にサポートしない理由

AppleシリコンMacは当然利用不可、Intel MacでもBoot Campで利用できる可能性は限りなく低い

WIN Start GenZ Light 16x10 en US

Microsoftが年内に正式リリースするWindows 11は、Intel Macで公式にサポートされない可能性が高い。仮想化アプリケーションであれば使用できる可能性はあるが、Boot Campとしてインストールすることは難しいだろう。

Windows 11は無料アップデートとして配布されるが、ハードウェア要件はWindows 10から引き上げ。1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサ、4GB以上のRAM、64GB以上のストレージ、DirectX 12以上のGPU、9インチ以上かつ8ビットカラーの高解像度を持つディスプレイのほか、TPM 2.0のサポートが条件となっている。

Minimum hardware requirements
Windows 11 の仕様よりキャプチャ

基本的なハードウェア要件は、過去数年以内のMacであれば満たしているが、TPM 2.0対応が条件に加わったことでIntel MacがWindows 11を公式にサポートする可能性は非常に低い9to5Macが指摘している。

Appleシリコンへ移行する手前、TPM 2.0をサポートする可能性は低い

TPM 2.0は、Trusted Platform Module(トラステッド・プラットフォーム・モジュール)を意味する。ハードウェアベースのセキュリティ関連機能の提供に使用され、TPMチップが内蔵されたコンピューターは、悪意のあるソフトウェアによる改ざんを防げるという。MacでいうSecure Enclaveに近い役割を担う。

AppleInsiderによると、以下のモデル以降に発表されたIntel Macであれば、搭載CPUにTPM 2.0テクノロジーが内蔵されているが公式にはサポートしていないという。

Appleは1年以内に、MacラインアップをIntelから自社製(Appleシリコン)に移行する。すでにサポートしていない技術を、廃止に向かうIntel Mac向けに対応する可能性は低いと、9to5Macは予測している。

実際にMacにWindows 11をインストールすると、「このPCではWindows 11が実行できません」と警告される。Intel MacでWindows 11を動作させる場合、現時点では仮想化アプリケーションの利用に限定されるだろう。

追記:Parallels Desktopを使用すればM1 MacでもWindows 11が動作

Microsoftは現地時間28日、Windows 11 Insider Preview Build 22000.51を公開。PC Watchなどによると、M1 Mac上の仮想環境での動作に成功したと報告している。

関連情報
カテゴリWindows
更新日2021年06月29日
コメント(9件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. Jam(コメントID:605555)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:605545)
    ごめんなさい返事しそこねてました!!情報ありがとうございます!!

    Startメニュー、設定、File ExplorerなどのUIが変わってますが、すぐ慣れるとおもいます。
    Chrome, MS Office, Excel Macro, Printer, 4K Monitor等、良く使用するものは問題なく動いています。
    Macを閉じてのSleep/Sleepからの復帰も問題なし。日常使いできるレベルです。
    もちろん全て試したわけではありませんが。

  2. g.O.R.i(コメントID:605545)
    コメント先:Jam(コメントID:605499)
    M1 MBAのParallesでWindows10を動かしていますが、PreviewのUpdateを行ったら なんと Windows11に変身しました。 M1 ParallesでWindowsを動かしている方お試しあれ!

    ごめんなさい返事しそこねてました!!情報ありがとうございます!!

  3. g.O.R.i(コメントID:605544)
    コメント先:RATS(コメントID:605543)
    IntelのParallels Pro EditionでTPMをONにすればWindows11チェック通っていますよ。この記事大丈夫ですか?

    記事内に「仮想化アプリケーションであれば使用できる可能性はあるが、Boot Campとしてインストールすることは難しいだろう」と書いているのですが、あってますよね??

  4. RATS(コメントID:605543)

    IntelのParallels Pro EditionでTPMをONにすればWindows11チェック通っていますよ。この記事大丈夫ですか?

  5. Jam(コメントID:605499)

    M1 MBAのParallesでWindows10を動かしていますが、PreviewのUpdateを行ったら なんと Windows11に変身しました。
    M1 ParallesでWindowsを動かしている方お試しあれ!

  6. 通りすがりの読者(コメントID:605415)

    Windows10が動作しているPCならばよほどのことがない限り基本的に新OSも動作して欲しいですよね。
    TPM 2.0サポート要件が理由なのかわかりませんが、2017年以前に出荷されたSurfaceデバイスはWindows 11へのアップグレードの対象にならないそうです。
    macOS Montereyは2013年のMacも対応するのとは大違いですね。

  7. intel Mac 大好き(コメントID:605386)

    サポート切れのMacでもBoot Campがあれば最新版のWindowsが使えたのに残念ですね。

  8. g.O.R.i(コメントID:605378)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:605377)
    バーチャルマシーン=parallelsなどの仮想化ソフト の理解でOKですか?

    ですです!分かりづらいので表現方法を変更しました!

  9. 通りすがりの読者(コメントID:605377)

    バーチャルマシーン=parallelsなどの仮想化ソフト の理解でOKですか?

「Windows」新着記事
トレンド検索