Intel、「薄いラップトップに世界最高のプロセッサー」と題した広告になぜかMacBook Proを使用

しかも元の写真は撮り下ろしではなく、Getty Imagesの有料写真素材を使用

World best processor by intel using macbookpro

Intelが、「薄いラップトップに世界最高のプロセッサー」と題した広告で、MacBook Proを使用していることが”バレる”事件が話題だ。同社の第11世代プロセッサ(Intel Core i7-1185G7)をアピールする広告には、Windowsラップトップが使われていないことが判明した。

Intelの最新プロセッサーはMacBook Proに搭載されていない

MacRumorsによると、元画像は有料ストックフォトサービス「Getty Images」の写真素材を使用。別カットを見ると、15インチ型MacBook ProとMagic Mouseがハッキリと確認できる

Appleは今後2年以内に、Macラインアップを自社製チップ(Appleシリコン)に移行すると宣言。現在はIntelモデルも販売しているが、第11世代チップを搭載したMacは存在しない。(記事執筆時点)

Intelは先日、公式YouTubeチャンネルで「Macくんとパソコンくん」の元”Macくん”ことジャスティン・​ロング氏を同社のCMに起用。MacとPCの”リアルな比較”を行い、Macの機能不足を批判する内容が公開された。

関連情報
タグ#Intel
更新日2021年04月08日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索