Intel、2018年のiPhone用LTEチップの70%を提供、来年は独占か

Appleは、2018年のiPhoneに搭載されるLTEチップはIntelが独占し、Qualcommを排除する計画があると報じられていたが、Fast Companyによると、2018年のiPhoneに搭載されるLTEチップはIntelが70%、残り30%がQualcommが提供すると報じている。

2019年のiPhone、LTEチップはIntelが独占提供?!

Qualcommを完全に切り捨てない理由は、Intelが今年初めて14nmプロセスを使用して製造するから。技術の移行に伴うリスクヘッジとしてQualcommを残していると見られる。

Intelが十分に製造できない場合、Qualcommは3割以上提供することになる。また、Intelが十分に製造できた場合、7割以上提供する可能性もあるとのこと。

現状、Intelは求められている歩留まり率を満たすことができず、約半分以上のチップが品質基準を満たすことができているとのこと。幸いにもIntelのエンジニアは量産時期に入るまでには歩留まり率が上がると予想している。

2018年にAppleの期待に応えることができれば、Intelは来年飛躍する。2019年はIntelが独占的にLTEチップを提供し、Qualcommを完全に排除する可能性があると伝えられている。

Intelは「iPhone 7」からLTEチップのサプライヤーとして参加している。

(via MacRumors