学生みんなが特待生。

「Windows 10」の新ブラウザ、正式名称が「Microsoft Edge」に決定するも、ロゴがIEにそっくりでインパクト不足

Microsoft Edge

未だに消し去ることができない負の遺産を世に蔓延らせたInternet Explorer。新しいブラウザは開発者に愛される存在になるのか?!

これまで「Project Spartan」と呼ばれていた「Microsoft 10」に搭載されていた新しいブラウザだが、本日、デベロッパー向けのカンファレンス「BUILD 2015」にて正式名称が「Microsoft Edge」に決定したことが発表された!

Internet Explorerに比べてモバイルを意識したブラウザに

「Microsoft Edge」という名称は一部の人にとってはそれほど驚くネーミングではないかもしれない。というのも、採用されているレンダリングエンジンの名称が「EdgeHTML」となっているからだ。

Microsoftの最新ブラウザは従来のInternet Explorerに比べてよりモバイルを意識したブラウザになった印象を受ける。音声アシスタント「Cortana」に対応し、ウェブブラウザに直接手書きメモを残すことができる機能なども紹介されている。「Windows 10」は全てのデバイスに対応する包括的なOSであることから当然のことかもしれないが、やはり日々触れている時間が圧倒的に長いモバイルデバイスのブラウザと同じ機能がPCでも使用できるのは直感的に使い勝手が良さそうだ。

以下、新機能をさらっと紹介するプロモーション動画が公開されているので、ご覧あれ!

Internet Explorerからの脱却を目指すMicrosoft Edgeだが、Neowinによると新しいロゴを見る限りでは負の遺産から逃れることができていないようだ。

New Logo
【img via Neowin

ハッキリ言ってInternet Explorerのロゴとそっくり!勘違いされても仕方ないだろう。

個人的には今勢いに乗っているMicrosoftだからこそ、Microsoft Edgeの存在感をしっかりとアピールできるようなロゴの方が良いと思うが、どうだろうか。

(via The Verge気になる、記になる…