Microsoft、「Windows 8.1」のライセンス料を70%安くする見通し!Apple、Googleに対抗か?

Windows8
Microsoft新しいCEOになってから早速動き出したか?!

Bloombergによると、Appleに対抗してMicrosoftは「Windows 8.1」のライセンス料を70%安くする見通しであると伝えている!

ライセンス料を値下げすることによってシェア拡大を目指す

Microsoftの主力ビジネスと言えばライセンス料。値段を下げることによって1ライセンスあたりの収益は減ってしまうかもしれないが、ライセンスそのものが売れていなければ全く意味がない。

これまでMicrosoftは「Windows 8」のライセンス料を最低でも30ドル、最大50ドルだったところを今後1ライセンスあたり15ドルに値下げする方針だ。

最近のMicrosoftはAppleやGoogleなどの競合他社にやられっぱなしだ。この状況を高いするべく、同社はライセンス料を大幅に値下げすることによってシェアの拡大を目指す

「Windows 8」の普及率が「Windows 7」よりも遅いこともMicrosoftにとっては大きな懸念事項。今回の方針変更によってシェア獲得に繋がるのだろうか。

Apple、Google、Microsoftの主力ビジネスは?!それぞれの事業別売上比率をまとめたグラフが公開! | gori.me(ゴリミー)

Microsoft、Foursquareに1500万ドルを出資!位置情報データを自社サービスで利用可能に! | gori.me(ゴリミー)

(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった