Windows Phone OS 7.1 Mangoの日本語キーボード、公開

国内でも今年中の発売を予定されているWindows Phoneスマートフォンだが、日本語に対応したWindows Phone OS 7.1 Mangoに搭載されている日本語キーボードが紹介されていた。

mango
【img via Windows Phone Blog

正直、これだけでは見た目以外何も分からないが、左右にカーソルを移動する矢印キーがあるのはAndroid 2.1、2.2の日本語入力インタフェースと似ているように思える。タッチでカーソルの操作が出来るとすればこのキーは必要ないはずなので、逆に言えばタッチでカーソル操作は出来ないのだろうか。実際、Androidも2.3からようやくカーソルを指先で操作することが可能になったので、そうであってもおかしくない。日本語入力に関してはiPhoneの精度が圧倒的に高いので、国内でAndroidを追い越しiPhoneと肩を並べるためにもWindows Phoneの日本語入力周りには期待したい。

ちなみに、使われているフォントは游ゴシック(Yu Gothic)。詳しい情報は今後更新されるらしいので、公開され次第ポストしていく予定。

(via Windows Phone Blog

もっと読むモバイルまとめ
関連記事