Windows Phone Marketplaceの登録アプリ数が9000本超え

windows phone 7, marketplace

Windows Phone 7用のアプリケーションを提供するアプリマーケット、Windows Phone Marketplaceのアプリ登録数が9000本を超えた

「9000本?App Storeのダウンロード数なんて2010年6月時点で20万本もあったのに大したことないじゃん」と思うかもしれないが、この数、既にHPの提供するWebOS用のアプリマーケットのアプリ本数を上回っていて、数ヶ月前に公表されたBlackberryのアプリ数15000本に迫っている。

アプリ数が全てではないが、この成長ぶりを見るとWindows Phone 7は急速に拡大しているプラットフォームということが分かるだろう。HTC HD7を触ってきてから完全にWindows Phone 7ブームなので、速いところ日本市場でも勢力拡大して普及して欲しいと思う。

(via Intomobile

もっと読むモバイルまとめ