iOSの自動アップデート、数週間遅れて配信される理由をApple幹部が解説

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Craig Federighi氏、ユーザーからのメールに直接回答

Auto Update for iOS

iPhoneにはiOSが自動的にアップデートされる機能が実装されているが、最新ソフトウェアの通知は正式リリース直後ではなく、数日または数週間遅れで配信される。この仕様についてとあるRedditユーザーが問い合わせたところ、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Craig Federighi氏が直接回答した。

Craig Federighi氏によると、ソフトウェアアップデートは順次提供される仕組み。設定アプリに直接アクセスするユーザーに配信した後、フィードバックを集めた上で、1〜4週間後に自動アップデートを有効化したデバイスに配信するという。

すべてのユーザーが最新のソフトウェアに即時アップデートしたいとは限らない。関心がない人ほどトラブル発生時の対処に困る可能性が高く、正式リリース後に致命的なバグを修正できれば影響の拡大を防げる。また順次配信することで、配信サーバーの負荷分散にも貢献しているだろう。

なお最速でソフトウェアアップデートを適用したい場合は、設定アプリの「一般」から「ソフトウェア・アップデート」から確認できる。

(Source: MacRumors

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索