「iOS 11」のiOSバージョン別におけるシェア率は76%に

IOS 11 Adoption Rate 20180426

Appleが開発者向けのサポートページで明らかにした数値によると、2018年4月22日において、iOSバージョン別で見る「iOS 11」のシェア率は76%であることが明らかになった。

2018年1月18日時点における「iOS 11」のシェア率は65%を記録していた。

iOS 11」は前回測定時から11ポイント増えている一方で、「iOS 10」は9ポイント、それ以前のバージョンは2ポイント減っている。これらのことから「iOS 10」以前のOSを使っているユーザーがついに最新バージョンにアップデートした、または、端末の買い替えに伴い強制的に「iOS 11」になったことが考えられる。

なお、参考に2017年2月20日時点における「iOS 10」のシェア率は79%を記録している。

昨年と比較して移行率が芳しくない理由として、「iPhone X」の売れ行き不調32bitアプリのサポートが終了したことにより、これまで使ってきたアプリが起動できなくなることを避けるため、アップデートを見送っているユーザーもいるようだ。

もっと読むiOS 11まとめ