iOS 12:おやすみモード、予定や位置情報によって自動的にオフに

Ios12 do not disturb

iOS 12」においてAppleが重要視している機能の1つは、他に集中するべきことがある時にiPhoneに邪魔されないようにすること

新たに通知を知らせないだけではなく、ロック画面に表示しない「Do Not Disturb During Bedtime」も追加されているが、「おやすみモード」もより生活に寄り添った設定をすることが可能になった。

オフし忘れ防止!「おやすみモード」が活用しやすくなる!

「おやすみモード」の意外と不便なところは、オフにし忘れることだ。僕も寝ているとき以外に日中、通知を受信せずに集中したい時に活用することも多いが、オフにし忘れ重要な通知を見逃してしまう、ということが過去に何度かあった。

コントロールセンターの「おやすみモード」アイコンを「3D Touch」することによって、いつまで「おやすみモード」を有効化するかを簡単に制御することが可能に。

そのオプションとして「この場所を離れるまで」「このイベントが終わるまで」が用意され、位置情報およびカレンダーと連動して「おやすみモード」が自動的にオフになるように設定できる。

デフォルトのオプションとは別に、自分自身で「おやすみモード」のスケジュールを設定することも可能になっている模様。コントロールセンターからのアクセスも容易になったため、今まで以上に活用できそうだ!

iOS 12」に関する最新情報は「iOS 12まとめ」からどうぞ!

もっと読むiOS 12まとめ
あわせて読みたい