iOS 12:操作性向上に期待ーー特定の操作中に別の操作を割り込むことが可能に

Designing Fluid UI 1

iOS 12」では特定の操作中に別の操作を割り込むことが可能になっていることが「WWDC 2018」のセッション「Designing Fluid Interfaces」の中で明らかになった。

目に見える新しさがある新機能ではないものの、間違いなく体感として操作性が向上しているように感じるはず!具体的にどのような改善なのか、紹介する!

最も使う機会が多そうなのは、アプリを開こうとして途中で閉じる時。現状は、アプリが起動した状態になるまでアニメーションが動作するが、「iOS 12」ではそのアニメーションを途中で止めることができる。

Designing Fluid UI 2

または、アプリを起動中にスワイプすると、スクロール可能な画面は動き始めるようになる。

Designing Fluid UI 3

正直なところ、「iOS 11」が動作している僕の「iPhone X」でこれらの操作を試しても遅いと感じることは一切なく、むしろ非常に操作がキビキビしていて快適である。ただ、これが「iOS 12」になると操作途中で別の操作を割り込めることからさらに操作が快適になると期待される。

「iOS 12」は、OSをアップデートするだけで今までのiPhoneが新しいiPhoneを買ったかのような体験が可能になるだろう。革新的な新機能が無いことに対して不満を持っている人もいるかもしれない、手元にあるiPhoneが快適であり続けるという”進化”は多くのユーザーに喜ばれそうだ。

(via Cult Of Mac

あわせて読みたい