Apple、iOS 15をスキップする機能を撤廃か

セキュリティアップデートのみ受け取り、iOS 14を使い続ける機能が無効化されている?

Using iPhone 12 mini in real life review 10

AppleはiOS 15の新機能として、iOS 14を使い続ける仕組みを発表した。OSバージョンを上げずに、重要なセキュリティアップデートのみ利用できる

iOSでは、2つのソフトウェアアップデートバージョンのどちらをインストールするか、設定アプリで選べる場合があります。iOS 15の最新バージョンがリリースされたらすぐにアップデートを行って、最新の機能と最も充実したセキュリティアップデートを利用することも、重要なセキュリティアップデートを利用しつつ、iOS 14を使い続けることもできます。

ところが9to5Macによると、AppleはiOS 14を使い続ける機能の提供を停止。2021年12月14日にリリースされたiOS 15.2以降、iOS 14.8以前が動作するiPhoneにはiOS 14.8.1が表示されないという。iOS 14.8.1は、日本時間2021年10月27日にリリース済み。現在はiOS 15.2.1へアップデートするしかない。

本来であればiOS 14向けに、iOS 15.2およびiOS 15.2.1に相当するセキュリティアップデートが配信されるはずだろう。機能を撤廃したのか、バグなのかは不明。Appleは本件について、コメントを発表していない。

関連キーワード
公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. (コメントID:620694)

    iOS 5もサポートしてほしい。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:620686)

    14と15で対応機種が変わってるわけじゃないから、元々時限措置だったのか
    あるいは開発やテストのリソースが食われて15の新機能が遅れてるから方針変更したのか
    もしくはアップデートしない人は14のままのアップデートもしなかったとか(需要がなかった)

    このあたりかなあ。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索