iOS/iPadOS 16.1 beta 5、macOS 13 beta 11などを開発者向けに配信開始

iOS 16.1ではバッテリー残量パーセント表示が全機種で解禁、バッテリーアイコンの表示も連動へ

Brandon romanchuk scsXux0vykw unsplash

Appleは10月12日、iOS 16.1 beta 5」「iPadOS 16 beta 12」「macOS 13 beta 11」「tvOS 16.1 beta 5」を開発者向けに配信開始した。10月24日の週に正式リリースされると見られる。

iOS 16.1のバッテリー残量パーセント表示全機種で利用可能になり、バッテリーアイコンの表示が電池残量と連動する仕様になった。

iPadOS 16.1では、当初M1チップモデルに制限されていたマルチタスク機能「ステージマネージャ」の対応モデルを拡大。A12X BionicチップまたはA12Z Bionicチップを搭載したiPad Proの第3世代・第4世代モデルも利用可能になった。代わりに外部ディスプレイの対応はiPadOS 16.1のリリースには間に合わず、年内リリースに延期された。

度々話題に上がっていた旧AirPods製品で利用可能になっていた適用型環境音除去は、最新アップデートで表示されなくなっている。

最新ベータ版のビルドナンバー、最新情報のまとめ

配信開始した各OSのバージョンとビルドナンバー

各OSの新機能・対応機種・最新情報まとめ

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2022年10月12日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 16」新着記事
トレンド検索