PHILLIPS、スマート照明「hue」を「iOS 8」の通知センターウィジェットで制御するプロトタイプを披露

Phillips Hue

iOS 8」で解放されることが発表された通知センター内のサードパーティ製ウィジェットはとにかく夢がある。細いところも改善し使い勝手が向上した「iOS 8」が動作する「iPhone 6」なんて想像しただけで震えそうだ。たまらん!

この通知センター用ウィジェットのプロトタイプをスマート照明システム「hue」を開発するPHILIPSが早速Twitterで公開していたので、紹介する!

自宅の照明を通知センターから操作できるなんて夢のよう!

僕は昔からのモバイル好き。基本的にモバイル端末からありとあらゆる操作ができることに強い憧れを抱いていた。当時、赤外線通信がガラケーに搭載した時の感動は並大抵ではなかった。

今回PHILIPSが公開した「hue」の通知センター用ウィジェットは今回Appleが「iOS 8」で解放したサードパーティ製ウィジェットの一例。同時にスマートホーム規格「HomeKit」も発表していることから、まさに僕が思い描いていた世界が実現する日もそう遠くない。

公開された「hue」のウィジェットは以下!まだあくまでもプロトタイプの1つではあると思うが、これまで通知を確認する理由以外で見ることがなかった通知センターを利用する目的ができて良いですな!

いつか自分で一軒家を買うことがあったら、全部「HomeKit」対応の家電で揃えたい…。

(via iDownload Blog