iPadとiPhoneでのRSS表示を比較してみた

先程のポストに「何倍も大きいiPadの画面を見てはRSSを消化出来るのは本当に快感である」と言い切ったのだが、実際どれぐらい快感なのかを知ってもらうために、写真を撮ってみた。iPhoneで表示しているクライアントはReeder、iPadで表示しているクライアントはFeeddlerRSSというアプリ。
画面のサイズと解像度のお陰で目を細めて頻繁にスクロールしなくても内容が見れることが伝わるだろうか。

まずiPhoneとiPadを縦向きと横向きに並べてみた。

立てて並べてみた2


横向きに並べてみた

続いては実際に見ているところ。たぶんおおよそ目で見える距離で撮ったつもりなんだけど、不自然だったらごめんなさい。参考程度に見てもらえれば。

iPhoneでRSSを見ている図


iPadでRSSを見ている図


どれぐらい伝わるか不明だが、間違いなくiPadの方が格段に使い勝手が良いし、目に優しい。

毎朝、ホットミルクを飲みながらRSS消化をしている僕としては、本当にiPadを買って良かったなと実感した最初の瞬間は間違いなく、RSSを見ている時だ。あとは、FeeddlerRSSは結構使い易いけど、今後さらに色んなiPad用のRSSクライアントが充実してくれるといいな。

もっと読むiPadまとめ
あわせて読みたい