コンセプトビデオ:LionのMission ControlをイメージしたiPadのマルチタスク


【img via iDownload Blog

iOSのマルチタスクは比較的良く出来ていると思うが、WebOSに比べるとまだまだ改善の余地はある。最新のOS X Lionに搭載されているMission Controlにインスパイアされて作られた、iPad用マルチタスクのコンセプトビデオを紹介する。


iPadを含めた現状のiOS用マルチタスクは下にマルチタスクバーが表示されてその中でアプリを切り替えるようになっているが、上記コンセプトビデオはMission Controlのように起動中のアプリがWebOSのカード風に表示され、上にアプリ一覧がずらりと表示されている。

このマルチタスクではアプリのスクリーンキャプチャが表示されるので、無駄にスワイプすることなく開きたいアプリを選んでワンタッチで切り替えられる。iPad用のiOS 5ではアプリ間をスワイプで切り替えられるようになったのだが、切り替えた先のアプリが何だか分からないという難点を解消できる。

また、最近のApple OS事情としてOS X LionとiOSの差異を減らす方向に動いているようなので、iOSのマルチタスクがOS XのMission Controlと似ているのはコンセプトと合致している。

iOSのマルチタスクはAndroidのものよりは使いやすいが、まだまだ改善の余地はある。iPhoneやiPod Touchの端末サイズであれば現行のもので問題ないが、高スペックなGPUを積んでいるiPadは上記のようにもう少しグラフィカルなマルチタスクにしてもいい気がする。

(via iDownload Blog

あわせて読みたい