Apple、iOS 6に搭載される時計アプリのデザイン使用料としてスイス連邦鉄道に2000万ドルを支払う

Apple スイス時計
【img via iDownload Blog

新製品が出る度に某企業に対して反省を求めているAppleだが、今回は自分たちが反省すべき状況に。

以前iOS 6に搭載される時計アプリのデザインがスイス連邦鉄道の時計に酷似していることが話題となっていたのだが、結局Appleが契約料としてスイス連邦鉄道に2000万ドルを支払うことで決着が付いたそうだ。


情報筋によると、スイス連邦鉄道は「Appleが世に出ている8000万台のiPadにスイス連邦鉄道の時計デザインを採用してもらって誇りに思っている」とコメントしていることから、比較的平穏な話し合いが行われていたと予想される。

そもそもAppleとしては使用料を支払うか一部の地域でデザインの変更をするしか選択肢がなかったと思うので、結果的に2000万ドルを支払うことを決めてよかったと思う。実際、どう見てもスイス連邦鉄道の時計意識しているからね。

ただ1つ気になるのはiOS 6のデザインと言うことは、先日解雇されたScott Forstall氏の管轄分野であるはず。解雇理由は地図アプリや他の役員との確執だと言われているが、この時計デザインの件も関係していたのではないかと思ってしまうなあ。

(via iDownload Blog

もっと読むiPadまとめ
もっと読むiPhoneまとめ
あわせて読みたい