有機ELディスプレイ搭載のiPad Air、2023年に登場か

これまでの情報は2022年登場を示唆、一致していない

Rahul chakraborty 2qKrvxgPsQ8 unsplash

Appleは、有機ELディスプレイを搭載した10.9インチ型のiPadを2023年に発表する可能性がある。ディスプレイ業界のサプライチェーン調査会社(DSCC)が最新レポートで明らかにした。新型iPad Airを示唆していると考えられる。

Appleは有機ELディスプレイをiPhone、Apple WatchMacBook ProのTouch Barに使用しており、iPadには搭載されていない。DSCCは、Touch Barを将来的に廃止すると予測。新型MacBook Proは、Touch Barが搭載されないと噂されている。

DSCCが予想する有機EL搭載iPadの登場時期は、これまでの情報と一致していない。THE ELECは2022年に「10.86インチの有機ディスプレイを搭載したiPad」の登場を示唆。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏やDigitimesも、2022年登場を予想している。

有機ELディスプレイのiPad Airの噂

公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:605833)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:605824)
    有機ELよりミニLEDの方が上位だと思ってた

    iPhoneは有機ELからミニLEDに変わるかもっていうリークが時々あるから僕もそう思ってました

  2. 通りすがりの読者(コメントID:605824)

    有機ELよりミニLEDの方が上位だと思ってた

「iPad Air」新着記事
トレンド検索