新型iPad Air、2022年モデルは有機ELディスプレイ?iPad Proも2023年に移行か

「10.8インチの有機ディスプレイを搭載したiPad」が2022年に登場するとの情報

Sanjeev mohindra ADilxPQeWcI unsplash

2022年に登場する新型iPad Airは、有機ELディスプレイを搭載する可能性がある。韓国メディアTHE ELECによると、2022年に「10.86インチの有機ディスプレイを搭載したiPad」が登場するという。iPad Airを示唆していると考えられる。

iPad Air(2022)の有機ELディスプレイは、有機と非有機の素材を交互にレイヤーで重ねることで、有機素材を水分や酸素から守る役割を果たす仕様になると報じている。詳細や意図は不明だ。

iPad Airの有機ELディスプレイ搭載は、Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏との予測と一致。Digitimesも今年3月、「10.9インチ型ディスプレイのiPad」が有機ELを採用すると報じていた。2021年第4四半期(10〜12月)に製造を開始し、2022年初頭に発表されると見ている。

一般的に有機ELパネルは、液晶パネルと比べて高価。しかしMing-Chi Kuo氏によると、新型iPad Airに採用される有機ELパネルは、iPhoneと異なりディスプレイ密度(PPI)が大幅に低いため、製造コストは現行機種の液晶パネルと変わらないそうだ。

iPad Pro(2023)も有機ELディスプレイを搭載する可能性

THE ELECは、2023年に登場する新型iPad Proにも言及。フレキシブル有機ELディスプレイパネルを採用し、LTPOテクノロジーの対応を指摘。有機ELディスプレイ移行後も、120Hzリフレッシュレート(ProMotion)をサポートすると考えられる。

(Source: THE ELEC via MacRumors

iPadの有機ELニュース

公開情報
更新日2021年06月30日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad Air」新着記事
トレンド検索