ミニLED搭載の12.9インチiPad Pro、4月後半に発売か

新型iPad ProのミニLEDモデル、4月後半に量産開始との予測

Daniel romero C9wxJJIdycg unsplash

ミニLEDディスプレイを搭載した新型12.9インチiPad Proは、4月後半に発売される可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、ミニLEDパネルの製造担当EMSは、4月半ばから終わりにかけて量産を開始するという。

Bloombergも新型iPad Proの4月登場を予測。Thunderbolt/USB4ポートを採用し、M1 Macに匹敵するパフォーマンスを持つチップを搭載すると報じている。

有機ELディスプレイ搭載のiPad Airは2022年に登場か

Ming-Chi Kuo氏は、有機ELディスプレイを搭載したiPad Airが2022年に登場すると予測。一般的に有機ELパネルは、液晶パネルと比べて高価。しかし新型iPad Airに採用される有機ELパネルは、iPhoneと異なりディスプレイ密度(PPI)が大幅に低いため、製造コストは現行機種の液晶パネルと変わらないそうだ。

Digitimesは今月5日、有機ELディスプレイの新型iPad Airが登場すると報道。ミニLEDと有機ELは共存し、それぞれ異なるユーザー層をターゲットとする、と解説していた。

iPad Proも有機ELディスプレイを搭載した12.9インチモデルの登場を予測しているが、Ming-Chi Kuo氏はiPad Proは2022年以降もミニLEDを採用するとしている。

(Source: MacRumors

iPadのミニLED/有機ELニュース

7本の記事を表示する
関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索